今年6月、ウルグアイ代表経験もあるGKセバスティアン・ビエラがフリーキックでゴールを奪うという話題を紹介した。

コロンビア1部リーグのジュニオールに所属する彼が再びFKを決めた。パトリオタス戦での一撃がこれ。

飛んだ壁の下を打ち抜く技ありのキック!これには相手GKも反応できず。

これが彼にとって今季2点目。キーパーでシーズン複数得点を記録する選手はなかなかいないだろう。そして、羽が生えたような背番号もなんか凄い…。

フリーキックでゴールを決めたGKセバスティアン・ビエラ

なお、このFKで同点としたジュニオールだったが、その後再逆転を許して2-3で敗れている。