『Turkish Football』は「バルセロナのトルコ代表FWアルダ・トゥランは、アトレティコ・マドリー時代からのスタイルチェンジを語った」と報じた。

昨年夏にアトレティコ・マドリーからバルセロナに加入したアルダ。半年間は登録制限がかかっていたためプレーできなかったが、1月にようやくデビューを果たした。


彼は『Diario Ara』のインタビューに対して以下のように話し、現在は新しいシステムと新しい言語に適応する必要があると語った。

アルダ・トゥラン

「私にとっては新しいシステムであるし、言語についてもまだ学ばなければならない。次の年にはさらに良くなっていくだろうね。

アトレティコ・マドリーではもっとドリブルをしていた。自分の本来のポジションでプレーしている時は、もっと1対1の場面を探していた。

現在ではそのスタイルを変えなければならない。なぜなら、僕がやっていたような役割を担っている選手が既にここにはいるからね」