リーガ29節、ラス・パルマス戦で先制ゴールを決めたレアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモス。だが、後半アディショナルタイムに2枚目のイエローカードを受けて無念の退場になってしまった。

結局、試合は2-1でレアル・マドリーが勝利。試合後にはこんな出来事もあったようだ。

セルヒオ・ラモスがサインを貰っていたのは、ラス・パルマスMFフアン・カルロス・バレロン!

ラモスもサインを欲しがるバレロンは先日のヘタフェ戦で、リーガ通算400試合出場を達成。マドリー戦のキックオフ前には記念のユニフォームが贈呈されていた。

また、レアル・マドリー側もその功績を讃え、エミリオ・ブトラゲーニョがサンティアゴ・ベルナベウの複製を手渡していた。なお、バレロンはベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。