いよいよ今週、サマーツアーをスタートするプレミアリーグ王者のチェルシー。今年はカナダを拠点に滞在し、7月23日にニューヨーク・レッドブルズ(ニュージャージー)、25日にPSG(シャーロット)、そして29日には欧州王者バルセロナ(ワシントン)とプレシーズンマッチを行う。

チェルシーといえば今季、大きなニュースの一つが、日本のタイヤメーカーである横浜ゴムと公式ユニフォームパートナーとして契約したこと

昔はマンチェスター・ユナイテッドの『SHARP』やユヴェントスの『SONY』、アーセナルの『SEGA』など、日本企業がメインスポンサーの強豪クラブも少なくなかったが、近年はなかなか見かけなかっただけに気になる人も多いはずだ。

そこで、新ユニフォームの発表はまだだが2015-16シーズンを迎えたということで、チェルシー公式で『ヨコハマタイヤ』を色々探してみた。

チェルシーとヨコハマタイヤ

まずは公式サイトトップのヘッダー、『BARCLAYS PREMIER LEAGUE CHAMPIONS 2014/15』の右にadidasと並ぶ形で、ドン。

割とさりげない感じである。

チェルシーとヨコハマタイヤ

もちろんフッターにも。その下にはクラブパートナーであるデルタ航空、ガスプロム、ザウバーF1チーム、EAスポーツ、シンハービールのロゴが並んでいる。

【次ページ】すでに試合を行ったU-18やレディースのユニフォームは?