9月20日、『Skysports』は「アストン・ヴィラの監督を務めているポール・ランバート氏は、今夏チームに加わったロイ・キーンアシスタントコーチが果たしている役割を称賛した」と報じた。

昨季残留争いに巻き込まれてしまったアストン・ヴィラであるが、今季はスタートから絶好調で、4試合で3勝1分け、先週末はリヴァプールをアウェイで破るという大金星を獲得した。

ランバート監督は、今夏コーチングスタッフに入閣したロイ・キーン氏の力を称賛。評論家をさせておくには惜しい人物であると話した。


ポール・ランバート アストン・ヴィラ監督

「(ロイ・キーン氏が評論家をしていたことについて)

私は彼が多くのフットボールに関する知識を持っていることを知っていた。それはテレビの人間としては過ぎたものだ。試合に彼を戻せたことは素晴らしいことだよ。彼との仕事を本当に気に入っている。ともに笑っているよ。

彼は常にシリアスな人間ではないよ。毎日に近い頻度でクロスバーチャレンジをして、私は彼に勝っているんだ。

スタッフや選手の周りで素晴らしい役割を果たしている。彼は他の人々と同じように笑う。どこかで言われているような悪い男ではないと思うよ。彼はとても頼れる人物だ。

疑問を抱いたことはない。誰かを呼ばなければいけないと理解した時、最初に思いついたのが彼であったのだ」


【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら