7月25日、ベンフィカへの加入が決まったベベ。若くしてマンチェスター・ユナイテッドに移籍するも不遇の時を過ごし、リオ・アヴェとパッソス・フェレイラへのレンタルでようやく復活。今夏母国のビッグクラブでヨーロッパの舞台に再挑戦することになる。

ベベは国内最高の人気クラブであるベンフィカに加入できたことに「これ以上の幸福はない」と話し、自分のスタイルはチームにフィットすると思っていると明かした。


ベベ

「僕はベンフィカと契約できたことを大いに喜んでいる。ここでプレーすることを長い間夢見てきたし、その機会が今やってきた。これ以上の幸福はない。ベンフィカは非常に強いチームで、僕にとっては小さなころから重要な存在だ。

僕はファンとクラブに多くの貢献をしなければならない。そして自分はそれが出来ると思っている。ベンフィカが目標を達成できるよう、そしてファンに多くの喜びを与えられるよう、支援していきたい。

自分に要求される全てのものに対し、覚悟はできている。ベンフィカのためにトレーニングを始められる日が待ちきれない。

僕のスピードとシュートは、このチームのスタイルに合うと感じている。ここ数年、僕はマンチェスター・ユナイテッドといくつかのレンタル先で成長したように思うし、このクラブにとっても正しい選択だろう。

ジョルジュ・ジェスス監督と仕事が出来るということに、とても高いモチベーションがある。うまく行けば成長できるはずだ。

監督、コーチ、そしてスタッフとはすでに話す機会があった。まだ選手とは話したことはないので、早く練習がしたい。最も重要なことは、チームとともにトレーニングをし、働き始めることだ」