今季マンチェスター・ユナイテッドからポルトガル1部パッソス・フェレイラへローン移籍したFWベベ。

23歳のポルトガル人ストライカーはUEFAヨーロッパリーグ、対フィオレンティーナ戦でこんな痛恨のシュートミスを・・・

 

あとはゴールに流し込むだけというシーンだったが、シュートはあえなくGKの腕の中。結局、試合はスコアレスドローで終了した。

いまだグループリーグで未勝利のパッソス・フェレイラは最下位パンドゥリー(ルーマニア)とともにすでにGL敗退が決まっている。一方、首位のフィオレンティーナと2位ドニプロ(ウクライナ)は勝ち抜けが決定している。

パッソス・フェレイラは昨季リーグ3位と躍進しCL予選のキップを勝ち取ったものの、パウロ・フォンセカ監督やMFジョズエをポルトに引き抜かれるなど、今季は戦力が低下。CL予選でゼニトに惨敗すると、前述のようにELでも敗退が決定。 さらに、リーグでも降格圏に沈むなど不調で、10月末にはコスティーニャ監督が解任されている。

その後を継いだのはこれが4度目のパッソス・フェレイラ監督就任となるポルトガル人指揮官カリスト。 そのカリスト監督はフィオレンティーナ戦はドローだったものの、ここ3試合連続で無失点だったことについて「とてもポジティブ」とコメント。チームが浮上するには当然ベベの活躍も不可欠だが、果たして・・・

↓一番左がベベ