このほど、アーセナルを退団し、スウォンジーへと移籍することが決まったウカシュ・ファビアニスキ。

そんなファビアニスキに対し、アーセナルは幸運を祈っているとの惜別のメッセージを送った。

そんななか、そのファビアニスキを含めた2003年以降にアーセナルのゴールマウスを守った主な4人のGKのセーブ率について『Metro』が伝えていたので紹介。

それによると以下のような数字になるそう。(データはOptaによるものだそう)

イェンス・レーマン=73.2%
マヌエル・アルムニア=72.2%
ヴォイツェフ・シュチェスニ=69.8%
ウカシュ・ファビアニスキ=69.6%

トップはレーマンで、ファビアニスキが4番目。ポカの印象もあるアルムニアだがレーマンに次ぐ数字を残している。 そして、今季のリーグ戦で16度のクリーンシートを達成し、ペトル・チェフとゴールデングラブ賞を分け合ったシュチェスニは3番手だそう。