ユヴェントスの黄金時代を担ったイタリア代表MFマウロ・ヘルマン・カモラネージ。8年間まとったビアンコ・ネロのユニフォームと別れを告げなければならない日が近づいている模様だ。

ルイジ・デル・ネーリ新監督、ベッペ・マロッタGMの元で大改革が行われているユヴェントスだが、「Tuutojuve」による情報ではギリシャのオリンピアコスへの移籍すると報じられている。移籍金は約200万ユーロ。ユヴェントスはこの夏イタリア代表のシモーネ・ペペをウディネーゼから獲得しているが、ワールドカップに参加したイタリア代表ではペペがレギュラー、カモラネージは控えであった。