ドルトムントはレアル・マドリーとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝に0-2で敗れた。前半にあったチャンスを仕留めきれず、後半に失点するという展開だった。

DFマッツ・フメルスは、試合後に『ZDF』でこう述べていたそう。

「我々は互角以上の戦い、素晴らしい試合をした。我がチームを誇りに思う。勇敢さ、ハート、一流のサッカーでプレーをした。

だが、いくつかのミスをしてしまい、レアル・マドリーによって痛い目に遭わされてしまった。チャンスが4回あったし、そのうちのひとつは決めなければいけなかった。

(後半28分から投入された盟友マルコ・ロイスについて)誰もが夢見ていた、彼がフリーキックを決めたり、コーナーからアシストすることをね。お別れゴールが実現しなかったのは残念だ」

退団が決まっている35歳マルコ・ロイスはこの試合がドルトムントでのラストゲームだった。

バイエルンが「ドルトムントから強奪」した4名のスター

同じ歳のフメルスも同じく契約が今季限りとなっているが、自身の去就についてはコメントを避けたという。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名