Jリーグからブラジル代表にまで上り詰めたフッキ。

彼は2021年に中国の上海上港からブラジルのアトレチコ・ミネイロに移籍した。当時、プレミアリーグに移籍する可能性もあったとか。

フッキは、『GaloCast』でこんな話を明かしていたそう。

「ブラジルに帰ることが優先事項だった。トルコ、ポルトガル、イングランドからオファーがあったが、イングランドではプレーできなかった。

中国に4年半いたので、ブラジルのチームに短期間所属するか、彼らが選ぶ5つのリーグに所属しなければならないというルールがあったからね。

中国での契約が終わる際、ジョゼ・モウリーニョが俺をトッテナムに連れて行くために代理人に連絡してきた。だが、彼らは俺がイングランドでプレーできないと判断した」

モウリーニョは2019年末から2021年4月までトッテナムを監督として率いたが、フッキの獲得に動いていたとか。

モウリーニョ監督が「獲得して大失敗した」10名の最悪選手

ただ、当時のフッキはブラジル代表から外れていたため、イングランドでの労働許可証取得が障壁になり、プレミアリーグに移籍できなかったようだ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名