サッカー選手はキャリアを通して複数のクラブに所属するのが当たり前であり、移籍はつきものだ。

しかし新しいクラブに移るときには正しいタイミングを図る必要があり、誤ってしまうと評価を落としてしまうことも。

『FourFourTwo』が紹介していた「プレミアリーグに来るには早すぎた10名の選手」をご紹介しよう。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

ボアテングは2007年に「ドイツのエキサイティングな若手スター」として評価され、トッテナム・ホットスパーへとやってきた。

しかしこの20歳は全く成熟しておらず、過度なパーティと悪い食事の組み合わせによってコンディションを崩し、イングランドを去ることになった。

ヨン・ダール・トマソン

ヘーレンフェーンで素晴らしいプレーを見せた後、トマソンはニューカッスルへとやってきた。ケニー・ダルグリッシュ監督の下でアラン・シアラーとコンビを組むはずだったが…。

期待ほどのプレーが見せられなかった後、彼はフェイエノールトに去り、オランダで大活躍をした。そしてミランへとステップアップしている。