今季限りでの現役引退を発表し、週末にシント=トロイデンでのラストゲームを終えた元日本代表FW岡崎慎司。

この試合で着用していたスパイクが、ミズノから一般向けに発売される。

Mizuno Wave Cup SS JAPAN

『ウエーブカップ SS JAPAN』は、2012年に発売された『ウエーブカップ SS』のレッドをラインカラーに落とし込み、“Samurai Soul”(侍魂)の意志を引き継ぐ、特別仕様として製作されたシューズ。

アッパー全面に採用された天然皮革は唯一無二のフィット感をもたらし、ランバードライン下の材料にも天然皮革を採用。

ミズノ独自の波形プレート「ミズノウエーブ」をかかと部分へ取り入れることにより、左右へのぶれの抑制と足への衝撃緩和を追求している。

スタッド配置とアウトソールは、サッカー選手のプレー中の動きを分析した結果を元に設計されており、精度の高いプレーとすばやい動きをサポートしてくれる点が魅力だ。

海外メーカーで広がるカンガルーレザー廃止の動き…ミズノのスパイク『モレリア』の開発者にそのことを聞いてみた

『ウエーブカップ SS JAPAN』は、400足の限定販売。ミズノ公式オンラインにて、5月24日(金)10:00から予約が開始され、9月より順次発送される。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」