ドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーする日本代表MF田中碧。

チームは2部3位が確定しており、昇格をかけたプレーオフを戦うことになる。

『Bild』は、田中はフォルトゥナ・デュッセルドルフで主軸になっており、1部に昇格した場合には是が非でも彼を残留させなければいけないと伝えた。

田中の契約は2025年までとなっており、市場価値は350万ユーロ(5.9億円)ほどであるため、“掘り出し物”になりえると獲得に関心を寄せるクラブが列をなしているそう。

日本代表、森保監督がアジアカップに招集するべきだった5人

ただ、フォルトゥナ・デュッセルドルフはブンデスリーガに昇格した場合、田中をチームに留めたい方針のようだ。もし、昇格できなかった場合には契約期間も考慮して売却に動くようだが、果たして。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」