今季限りでバルセロナの監督を退任するチャビ・エルナンデス。

今年1月末のビジャレアル戦に3-5で敗れた後に退任を電撃発表したが、バルサはその後の13試合で一度も負けがなかった(その後、PSGとレアル・マドリーに2連敗)。

『Mundo Deportivo』によれば、かつてアーセナルの監督として長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル氏は、「チャビはバルセロナで素晴らしい仕事をした。彼は退団を発表するのがあまりに早すぎた」と話していたそう。

もう少し時期がずれていれば、違っていたかもしれないということだろうか。

バルセロナで「大失敗」した愛すべき6人

バルサはリーガで首位レアルと勝点差9の2位となっており、今季は無冠で終わる可能性が高い。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名