パリオリンピックのアジア最終予選も兼ねたU23アジアカップ。

日本は2連勝で決勝トーナメント進出を決めており、22日には韓国とのグループステージ最終戦を戦う。

日本と韓国は同じく2連勝で得点数(3)と失点数(0)も同じ。つまり、日韓戦が引き分けだった場合、3試合の勝点、対戦試合での勝点、対戦試合での得失点差、対戦試合での得点数、3試合の得失点差、3試合の総得点が全て同じになる。

そうなった場合、AFCは「順位が同じ当該チームがグループ最終戦で対戦した場合、PK戦を行う」と定めている。

つまり、90分で決着がつかなかった場合はPK戦になる。これはかなりのレアケースのはず。

U-23日本代表、U23アジア杯に招集できなかった逸材12名

なお、最終戦で対戦しないチームが同勝点になり、上記数値も全て同一だった場合は、懲戒ポイント(イエローカードとレッドカード)で順位を決定。もし、その懲戒ポイントも同一だった場合にはくじ引きで順位を決める。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら