10日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝 アーセナル対バイエルン・ミュンヘンの1stレグは2-2の引き分けとなった。

アーセナルはブカヨ・サカのゴールで先制した後に逆転されるもレアンドロ・トロサールの得点で同点に追い付いている。

終了寸前にはサカがペナルティエリア内でGKマヌエル・ノイアーとの接触で倒れるもPKは貰えず。

試合後、サカは主審に詰め寄り、不満を露わにしていた。

元アーセナルDFマーティン・キーオンは『TNT Sports』の放送で「PKが与えられなかったのは非常に憂慮すべきこと」とコメント。元マンチェスター・ユナイテッドDFリオ・ファーディナンドも「あれはPKにしなければいけない。VARは主審にチェックさせなければいけなかった。こういう試合では大きな判定だ」と述べていた。

冨安健洋も!CB、右SB、左SBを全部できる「三刀流選手」8人

一方、アーセナルのミケル・アルテタ監督は「彼ら(審判団)からはチェックしたし、PKではないと判断したと言われた」と話している。なお、冨安健洋はベンチ入りしたものの、出場はなかった。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら