ポーランドサッカー協会(PZPN)とキットサプライヤーのNikeは3月、ポーランド代表の2024新ユニフォームを発表した。

この2024モデルは、3月21日と26日に行われた欧州選手権(EURO2024)プレーオフ2試合から着用を開始。そのPOを見事に勝ち抜き、新ユニフォームはEURO2024モデルとして着用することが決まった。

Poland 2024 Nike Home

ポーランド代表 2024 Nike ホーム ユニフォーム

2024新ホームユニフォームは、ポーランド鉄板のデザイン。ホワイトを基調にレッドの差し色を組み合せ、ポーランド国旗を彷彿させる伝統のカラーを採用となった。

襟部分はショールカラー(ショール襟)のようなデザインが特徴的。

この襟についてNikeでは「ポーランドの過去の偉大なサッカー選手を彷彿とさせる」と説明。レッドでしっかりと強調するスタイルは、3位で終えた1974年と1982年のW杯でのユニフォームを意識したようにも見える。

Poland 2024 Nike Away

ポーランド代表 2024 Nike アウェイ ユニフォーム

新アウェイユニフォームは、これまでのポーランドでは使われたことのない鮮やかなデザインが登場。伝統のレッドを基調に、複数のトーンで濃淡を表現したモダンかつ印象深いスタイルだ。

今回も左胸には伝統のポーランド国章を装着。ハンガリーなどとともに、ポーランドは胸に国章を付ける数少ない欧州代表チームの一つとなっている。

そして背面の首元にはPZPNのエンブレムを付けるが、これがシャツの“表側”に現れたのは久しぶりのこととなる。

この協会章は2011年にお披露目され、EURO2012モデルからポーランド国章に代わるエンブレムとして、本格的に左胸に収まる“予定”だった。しかしジャガイモのようなデザインがサポーターに酷評され、単独での使用を中止している。

それ以来、シャツの内側にひっそりとプリントされることはあっても、表側に姿を現すことはなかった。

そのポーランドも!エンブレムの新デザインが「かなり嫌われた」8つのチーム

新ホームユニフォームは、3月のEURO2024プレーオフ2試合(エストニア戦、ウェールズ戦)で着用。本大会へのチケットをつかみ取り、幸先の良いスタートとなった。

欧州選手権は5大会連続5回目の出場となるポーランド。6月14日に開幕するEURO2024ではグループDに所属し、オランダ、オーストリア、フランスと対戦する。

現在では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。懐かしいユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【Qoly × LFB Vintageはこちらです】

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」