今季からリヴァプールでプレーする日本代表MF遠藤航。当初はプレミアリーグへの適応に苦しんだが、いまやチームに欠かせない主力となっている。

そうしたなか、『Sky Sports』は、「遠藤航、脱出ルームのスペシャリストがどのようにユルゲン・クロップ監督の中盤の難問を解決したのか」という特集を伝えていた。

シュトゥットガルトではキャプテンも任された遠藤は、海外で最初にプレーしたシント=トロイデン時代からその片鱗を見せていたそう。

シント=トロイデンの元アシスタントコーチであるイサム・チャライ氏によれば、チームの結束を高めるためにグループで脱出ゲームをするという人気の課題があったという。

「いくつかの暗号を見つけなければいけないんです。選手たちがしていることを確認できるようにカメラ数台を設置しました。

多くの暗号を発見していたのは遠藤だったんですよ。彼はピッチ上で非常にインテリジェンスがありますが、ピッチ外でもとても賢いんです。そのことで他の選手たちから多くの信頼を得ていました」

脱出ゲームでも頼りになる存在だったようだ。

海外日本人選手、欧州から見た市場価値が最も高い11人(2024年最新版)

また、シュトゥットガルトで一緒だった元ドイツ代表FWマリオ・ゴメスはこんな話もしている。

「(試合に途中出場した選手たちが試合後にするウォームダウンで)4vs4をやっていた。ロッカールームに入るといつも航と同じチームにしてくれと監督に伝えていたよ。それなら絶対に負けなかったからね。航のことは大好きだ」

マリオ・ゴメスは常にグループのために全力を賭す遠藤のことをチームスポーツにおける模範として絶賛しているとか。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら