今季からリヴァプールでプレーする日本代表MF遠藤航。

浦和レッズ時代のチームメイトである槙野智章とAbemaの番組で対談し、様々な話題について語った。遠藤はリヴァプール加入からすぐにデビューすることになったが、こんな話を明かしている。

「(名前について)選手は有名すぎるのでさすがに分かりますけど、呼び方が違うじゃないですか。

例えば、サラーってみんな言うけど、選手はみんなモーって呼んでいるし。ファンダイクもヴァージって呼ぶんですよ、みんな。だから、ファンダイクって呼ばないしみたいな(笑)

最初の練習とかモーがボールを持った時に『サラー!』って言っちゃうみたいな」

モハメド・サラーは「Mo」、フィルヒル・ファンダイクは「ヴァージ」と呼ばれており、加入当初は戸惑ったようだ。

名前の“読み間違い”が定着している5人の難読選手

また、ファンダイクはチームのキャプテンでもあるが、遠藤は「ファンダイクは結構イベントごとが好きなので。みんなでご飯を食べに行こうとか、ハロウィンパーティーをみんなでやろうとか。それもちゃんとクラブハウスで家族を呼んでやろうみたいな感じ」とも話していた。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」