久保建英が所属するレアル・ソシエダは、日本時間6日にUEFAチャンピオンズリーグでPSGと再戦する。

先月に行われた1stレグでは0-2で敗れており、準々決勝進出のためには2ndレグで勝つしかない。久保は前日会見で逆転は可能だと述べた。

「ヨーロッパ最高のチームのひとつと戦うためには、(本来の)ソシエダが必要なんだ。ここにいる人たちを見れば、ただの試合ではないことがわかるだろう。ピッチのファイナルサードで正しいプレーができるかどうかが鍵になる。

(逆転を信じていないファンへのメッセージは)僕らがプレーするということ、そして欲望と熱意がある限り、それは可能だということ。これが今季最後のチャンピオンズリーグにならないことを願うよ。

1stレグはああなったし、0-2に終わったので、気持ちはくじかれるのは分かるけれど、僕らはすごくいい試合をしたと思うべきだ。2ゴール以上を決めるとてもいい試合ができないわけはない。ファンたちには100%信じて欲しい。僕らは闘うし、素晴らしい日になると思う」

逆転突破を信じているようだ。

adidasと契約していないのに「日本代表の10番」をつけた8名

なお、PSGのエースFWキリアン・エムバペは今季限りで退団し、レアル・マドリーへ移籍することが確実視されている。

久保は「エムバぺ問題がPSGに影響するか」との質問には「分からない、僕らは他チームの選手のことは心配しない。僕らはホームであまり勝てていないのでそうしたいし、明日は死に物狂いでやらなければいけない」と答えていた。

ソシエダはホームゲームで3連敗中と7試合勝ちなし(4分3敗)だが、果たして。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら