2024年シーズンが開幕したJリーグ。サッカーのシミュレーションゲームとして世界的に有名な『Football Manager (フットボールマネージャー)』の最新作では、Jリーグも搭載されている。

『FM』のゲーム能力査定に関わるスカウトは、世界51か国に1,300人もおり、70万人近いデータを保有。ゲーム上のデータが実際のスカウディングに利用されるほどの“精度”を誇り、あのアンドレ・ヴィラス=ボアスもチェルシーのスカウトだった時代に『FM』を使っていた。 また、現川崎フロンターレのバフェタンビ・ゴミスは、スウォンジーに移籍した際、『FM』で新しいチームメイトたちを“予習”していたと明かしている。

全く期待ハズレだった「サッカーゲームでの超天才若手」7名

そうしたなか、『fourfourtwo』は、『フットボールマネージャー2024』で契約するべき将来有望なワンダーキッドたちを取り上げていた。

日本人としては、GK鈴木彩艶(シント=トロイデン所属、現21歳)とMF中井卓大(ラージョ・マハダオンダ所属、現20歳)が選ばれている。2人は相当な成長が見込める若手として評価されているようだ。

先日のアジアカップで日本代表の守護神を任された鈴木彩艶は、まだプロでの経験が浅いが、ポテンシャルはピカイチ。

一方、中井は今季スペイン3部リーグで15試合に出場。保有元であるレアル・マドリー・カスティージャとの契約は今年6月末までとされており、今後の去就が注目される。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名