元日本代表DFの田中マルクス闘莉王が運営しているYoutubeチャンネル「闘莉王TV」は、17日に最新の動画を更新した。

今回は14日に行われたアジアカップのグループステージ第1節ベトナム戦を振り返る動画の第2弾。4-2と逆転勝利を収めた日本代表チームについて、闘莉王が格付け評価を行っていた。

その中で、日本代表を率いている森保一監督の採点については5点が平均点として「4点」と評価し、闘莉王は以下のように話していた。

「森保監督は1回ワールドカップに出ているし、色んな経験をしてきたと思う。長い間日本代表を引っ張ってくれている。しかし、未だにイージーな頑固さが残っている。

シンプルに考えるべきですよ。物事が上手くいっているときは、いろいろいじりすぎると逆にみんなに複雑な考え方をもたらしてしまう。

だからシンプルに考えるべき。こういうことをやったらうまくいくとわかっているんだから。他のこともやらなきゃいけないというのは…サッカー選手は、僕も含めて頭がいい人はそんなにいない(笑)。

バカには一つのことで良いんです。十分ですよ。あんまり複雑に考えさせないほうがいい。(森保監督は)ちょっと余計なことをやりだしているのかなと思います。

これは良くないです。そして、またセットプレーを考えてほしいですね」

日本代表、アジアカップ初戦で評価を下げてしまった4名の選手

森保監督については2期目の指揮ということもあってか「余計なことをしようとしている」と評し、選手に迷いを与えていると指摘した。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名