26日に行われたベルギーリーグ第20節のクルブ・ブルッヘ対ユニオン・サン=ジロワーズで、フィールドプレーヤーが「緊急GK」を務める場面があった。

1-1で迎えた試合終了間際、ユニオン・サン=ジロワーズのGKを務めていたアントニー・モリスがレッドカードを受けて退場してしまった。

この時点ですでにユニオン・サン=ジロワーズは3回の交代セッションを使い切っていたため、フィールドプレーヤーのなかから代役を選ばなければならなかった。

それに立候補したのが、今季ユニオン・サン=ジロワーズで20試合に出場し4ゴール12アシストを記録してきたスペイン人MFキャメロン・プエルタスだった。

『SO FOOT』によれば、キャメロン・プエルタスはもともと13歳まではゴールキーパーとしてプレーしていたのだそうで、子供の頃の夢は守護神としてのデビューだったよう。

その後フィールドプレーヤーにコンバートされてローザンヌ・スポルトのトップチームに引き上げられることになるが、12年の時を経てゴールキーパーでのプレーという夢が叶ったのだそうだ。しかもクリスマスに。

「緊急GK」務めたフィールドプレイヤー、印象的すぎた10選手

ローザンヌ・スポルト時代には鈴木冬一ともチームメイトだったキャメロン・プエルタス。この試合でも僅かな出場時間ながら失点を喫することなく、ゴールキーパーとしてのデビューは勝ち点1という悪くない結果になったよう。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名