エリック・テンハフ監督の求心力低下が伝えられているマンチェスター・ユナイテッド。

かつてそのユナイテッドとチェルシーでプレーしたネマニャ・マティッチの発言が話題になっている。YouTubeチャンネル『YU Planet』でこう述べていたそう。

「チェルシーでは選手たちはプロとして行動していたし、時間厳守で練習に遅刻することなど一度もなかった。でも、ユナイテッドではほぼ毎日あった。

ポール・ポグバやジェイドン・サンチョらは常に遅刻していたよ。

いつも時間を守っている他の選手たちは怒っていたので、自分が会長になって内部規律委員会みたいなものを作ることにした。

遅刻者の名前が記録された紙を壁に貼り付けた。あるシーズンには7.5万ポンド(1390万円)もの罰金が集まったよ。

その金でロンドンでのパーティを企画していたけれど、新型コロナ流行で実現しなかった」

マティッチは2022年にユナイテッドを退団したが、ポグバやサンチョは遅刻常習犯だったとか。

【関連記事】天才だったのに才能を自分で台無しにした10人の男

遅刻した選手たちから徴収した罰金総額が1000万円以上なることもあったそう。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら