adidasは1日、ゴール量産のために作られた「プレデター」誕生30周年を祝う限定コレクション『プレデター30』を発表した。

adidas Predator 30

30年にわたり第一線で活躍してきたプレデターにオマージュを捧げるモデル。

90年代のクラシックなルックスにインスパイアされた、アイコニックな折り返しのシュータンが復活したデザインだ。

『プレデター30』は、よりソフトな履き心地と、ラバーフィンを内蔵。

プレデターマニア、プレシジョン、パワースワーブなど、多くのファンに愛用されてきたシュータンが復活し、思いのままにスタイリングが可能になった。

アイコニックなプレデターの「アイズ」ロゴをシュータンの裏側にあしらうなど、フランチャイズの歴史にオマージュを捧げるデザインが随所に散りばめられている。

カラーリングは、以前のクラシックなレッド、ブラック、ホワイトをインスパイアしながら、フランチャイズ30年を記念した、よりラグジュアリーなバーガンディを採用。

プレデターが初めて発売された1994年にちなみ、1994足のみがこれまでのプレデターのイラストを描いた記念のゴールドプレート入りプレミアムボックスに入れて販売される。

adidasフットボールのプロダクト担当、サム・ハンディ氏は以下のように語る。

「プレデターの登場は、パフォーマンスとマーケティングの両方の観点から、フットボールスパイクに対する人々の考え方を完全に変え、長年にわたり、各世代の偉大な選手たちが、サッカーの歴史的な瞬間に履いてきました。

過去30年間のイノベーションを振り返りつつ、それをリセットし、プレデターが最初に人気を博した要素、ルックス、手触り、そしてゴールへの焦点にインスパイアされる時が来たと感じました。

初期のプレデターモデルを愛用していた人たちは、アイコニックなシュータンの復活を喜んでくれると信じています」

【関連記事】<インタビュー>中村俊輔コーチが語る!「自身のチーム作り」「ストライカー育成法」「その日使うスパイクの選び方」

『プレデター30』はadidasブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK、adidasアプリ、adidasオンラインショップにて、12月8日(金)10:00より一般発売。価格は41,800円(税込)となっている。

【厳選Qoly】悲願の初優勝!Jリーグとレヴァークーゼンでプレーした5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら