ドイツで激しいライバル関係にあるシャルケとドルトムント。

『MDR』が、熱狂的なシャルケファンが起こした事件について伝えている。

そのファンは建築現場に配置されていたケーブルプロテクター(配線カバー)を引き千切ったそう。その理由は、黒と黄色のドルトムントカラーだったからだとか。

ケーブルプロテクターはこのようなもの。

警察によると、剥き出しになったケーブルの上を車両が通行したことでかなりの損害が出たという。そのため、このシャルケファンは6500ユーロ(105万円)の損害賠償請求を起こされてしまったとのこと。

【関連記事】子供の頃「ライバルを応援してた」スター選手7名

なお、2部に降格したシャルケは18チーム中16位と低迷している。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら