レアル・マドリーはフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガが右膝の外側側副靭帯を損傷したと発表した。

カマヴィンガはフランス代表のトレーニングでウスマヌ・デンベレと接触して負傷。復帰時期は明らかになっていないが、フランスメディアは2か月ほどの離脱となると報じている。

【関連記事】ヨーロッパサッカー界で「最も給料が高いベストイレブン」

今季のレアルはGKティボー・クルトワとDFエデル・ミリトンも前十字靭帯の負傷で長期離脱中。さらに、ヴィニシウス・ジュニオールも17日のブラジル代表戦で太ももを負傷している。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら