16日、日本代表チームはパナソニックスタジアム吹田でワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦に臨んだ。

『ABEMA』では元日本代表DFの坪井慶介氏、そして俳優の影山優佳氏が解説者として試合の放送に参加した。

日本代表は前半で上田綺世の2ゴール、鎌田大地のミドルシュートで3-0とリード。さらに後半に上田綺世がハットトリックを決め、さらに84分には堂安律が裏に抜け出して5点目を奪取した。

5-0と勝利した試合の後、左サイドバックとしてプレーした中山雄太は、影山優佳のインタビューに対して以下のように話していた。

中山雄太

「(キャプテンマークを巻いてのフル出場でしたが)年代別のキャプテンもやらせていただきましたけど、やっぱりA代表という舞台で任されることはすごく責任を感じますし、特別なものだなと思いました。

試合前から、僕たちがボールを持つ時間帯が長くなるというのは予想していました。その中でアイデアの共有がすごく大事になると思っていました。

一人ひとりはすごくいいアイデアを持っていても、共有意識を持って合わせなければいけなかった。その難しさはありましたが、結果的に5点獲れました。

他にもチャンスはありましたけど、しっかり結果を出しつつ勝利をもぎ取れたので、それは良かったなと思っています。

次はサウジアラビアでシリアと戦いますけど、今回ホームですごくいい雰囲気の中で試合が出来たので、それとは真逆のアウェイでも勝点3をとれるように、そしてそのチームの一員になれるように準備していきたいと思います」

【関連記事】日本代表「歴代最高のアウェイユニフォーム」5選

なお、この後日本代表は21日にシリア代表と中立地のサウジアラビアで対戦する予定となっている。

【厳選Qoly】なでしこジャパンの名FW大野忍が「今の選手のことを評論したくない」と語った深いワケ “冷たいと思われるかも…”

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら