全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2023の1次ラウンド第3試合が12日に全国各地で行われ、グループB宮城県会場で開催された最終戦は福山シティがブランデュー弘前に1-1で引き分け、2勝1分けの無敗でグループ首位突破を決めた。

この大会で2試合連続ゴールを決めた福山が誇るエースストライカーのFW高橋佳は、鋭い動き出しと献身的なチェイシングで弘前に立ち向かった。この試合では不発に終わるも、大会を通じて優れた決定力を見せてチーム史上初となる決勝ラウンド進出の原動力となった。

古巣との一戦は接戦となった。

昨季まで弘前に所属していた高橋は、相手DFの圧力をかわす動き出しと動き直し、献身的なフォアチェックなどで前線から攻守に存在感を見せた。3日連続で試合をこなしたため、各選手形容し難い疲労を抱えて臨んだ中で、高橋は足を止めずにピッチを駆け抜ける。

だが高橋が求めるタイミングでパスが渡らない。昨季ともにプレーしていた弘前イレブンは背番号16を警戒するように激しいマークを見せた。パスが通らないものどかしさか、時折苦悶の表情を見せるほど古巣に苦しんだ。

試合は後半6分にMF曽我大地がループ弾で先制するも、同41分に弘前MF板橋幸大に左足で同点弾を奪われて1-1のドローとなった。この日無得点に終わってしまった高橋は「1、2試合目は点決めて、3試合目も点決められたら…。どの試合でもやっぱり点を決めたいので、決められなかったことは悔しいですけど、勝って突破できたから良かったです。まずは突破できたので、そこは喜んでいきたいです」と安堵(あんど)した表情を見せた。

1次ラウンドでは圧倒的な強さを見せた福山。東海社会人1部無敗優勝のwyvern、全国社会人選手権覇者のFC刈谷と東海の強豪を立て続けに撃破した。試合を観たJリーグ関係者も「今年の福山はすごく強いね。サッカーも面白いし、素晴らしい。上で見たいね」と賛辞を送るほどだった。

だが勝利の余韻に酔う暇はない。福山のストライカーは先を見据えている。「決勝リーグがあるので、すぐ切り替えていきます。そこに向かってまたチームで今大会で出た課題を修正して、また決勝リーグに挑みたいと思います」と決意を口にした。

中国社会人1部リーグでは今季15試合22得点と圧倒的な活躍を見せた。練習試合組んだJリーグチームも福山に圧倒されて敗北することは珍しくない。それだけに力を付けたイレブンは、決勝ラウンドで悲願のJFL昇格を果たすために闘志を燃やす。

決勝ラウンドは栃木シティ、ジョイフル本田つくばFC、VONDS市原FCと関東の強豪との連戦が待っている。高橋は「1試合でも多く、1点でも多く取って、チームの勝利に貢献することがFWの役目だと思う。それは点を決めることだけを狙って挑みたいなと思います」と決勝ラウンドに向けて意気込んだ。

【関連記事】<現地取材>福山シティが2勝1分で地域CL1次ラウンド突破!福山出身MF曽我大地の先制弾で弘前と1-1のドロー決着!

決勝ラウンドは今月22日から26日まで中1日のハードスケジュールで、栃木県グリーンスタジアムにて開催される。福山で無双するストライカーが関東勢相手にゴールを挙げて、アマチュア最高峰のJFL昇格を果たしてみせる。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら