昨年末のワールドカップで一躍有名になったクロアチア代表GKドミニク・リヴァコヴィッチ。

日本戦でもPKを阻止するなど活躍を見せた28歳の守護神は、この夏にトルコのフェネルバフチェに移籍し、初めて国外でプレーしている。

そのリヴァコヴィッチは2017年から交際していたヘレナさんと昨年結婚。2人が溺愛しているのが6歳の愛犬Cruzで、結婚式でも一緒だったほど。

ヘレナさんはCruzと一緒にリヴァコヴィッチを空港に迎えに行った動画をInstagramのストーリーに投稿。ご主人様と再会する様子は何とも愛おしかった!

耳を垂らして駆け寄る姿がかわいい…。

【関連記事】「日本犬」を愛してやまない5名のサッカー選手

現地メディアによれば、リヴァコヴィッチは「サッカー選手の生活には労働時間も夏休みも冬休みもない。適応しなければいけないのは彼女になる。さらに、僕らには愛犬がいて、(飼うことには)大きな責任があるし、かなりの世話も必要。(家に)僕がいないことが多いので、ヘレナはCruzを気にかけている。Cruzのほうが彼女を愛してることからも明らかだよ」と語っていたこともあるとか。

一方、ヘレナさんは「私たちはCruzと過ごす時間が多い。自然のなかを散歩するのが好き」と話している。基本的にヘレナさんが世話をしているようだが、リヴァコヴィッチにもこれだけ懐いているようだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★