36歳になったリオネル・メッシだが、現在もアルゼンチン代表としてプレーを続けており、今月はウルグアイ、ブラジルとのワールドカップ南米予選を戦う。

そうしたなか、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデの発言が話題になっている。

レアル・マドリーに所属する彼はバルセロナ時代のメッシとも対戦した経験を持つ。

帰国した空港でバルベルデは「メッシの止め方」を質問されるとこう答えていた。

「メッシの止め方は分からない、止めることなんてできないよ(笑)。

バルサ時代の彼とは何度も対戦したけれど、いつもカゼミロがレオを阻止する武器になってくれた。

彼(メッシ)をリスペクトしなければいけない、世界最高のひとりだからね」

メッシは36歳になったが、世界最高のひとりであり、止めることなど不可能とのこと。

【関連記事】史上最高のサッカー選手ベスト10 (2023年最新版)

レアル時代には屈強なブラジル代表MFカゼミロ(現マンチェスター・ユナイテッド)がメッシを潰す役割を担っていたとも口にしていた。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★