28日に行われるバルセロナ対レアル・マドリーのエル・クラシコ。

DAZNのFOOTBALL TIMEではこの一戦の特集を組んでいたが、内田篤人は現在のレアルのスタメンを見て、こんな話をしていた。

「ここに普通に出てるアラバがすごいわ。

バイエルンの時にやったけど、これを左サイドバックで使ってたら、ズルいわってずっと思ってた」

内田が指摘していたのは、2021年にバイエルン・ミュンヘンからレアルに移籍したオーストリア代表DFダヴィド・アラバ。

現在はセンターバックとして主にプレーしているが、バイエルン時代は左サイドバックが主戦場だった。

【関連記事】アジア人が世界5位!世界最強のセンターバック10人

シャルケで彼と対戦した経験がある内田は、左SBで起用するのがズルいとすら感じていたとか。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名