昨シーズン限りでバルセロナを退団したセルヒオ・ブスケツとウスマヌ・デンベレ。

『Record』によれば、バルサのチャビ・エルナンデス監督は、移籍市場での動向について、選手たちに意見を求めることがあったそう。

ブスケツはブラジル人MFアルトゥール・メロはパーティ三昧など私生活が荒れており、若手の悪い手本になるとして嫌悪感を示していたとか(その後、アルトゥールはユヴェントスに放出)。

また、チャビ監督はフランス人DFバンジャマン・パヴァールも注視していたが、フランス人FWウスマヌ・デンベレがその獲得に拒否感を示したとのこと。

【関連記事】バルセロナで「大失敗」した愛すべき6人

デンベレはパヴァールがロッカールームで軋轢を生み出す選手だと忠告したそうで、チャビ監督もその意見を受け入れ獲得に至らなかったそう。パヴァールはバイエルンで不満分子化し、この夏にインテルへ移籍した。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名