6日、2022-23シーズンのサッカー界で最も活躍した選手に贈られる「バロンドール」の候補リスト30名が発表された。

そのリストは以下の通りとなっている。

  1. アンドレ・オナナ(カメルーン/マンチェスター・ユナイテッド)
  2. ヨシュコ・グヴァルディオル(クロアチア/マンチェスター・シティ)
  3. カリム・ベンゼマ(フランス/アル・イティハド)
  4. ジャマル・ムシアラ(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  5. モハメド・サラー(エジプト/リヴァプール)
  6. ジュード・ベリンガム(イングランド/レアル・マドリー)
  7. ブカヨ・サカ(イングランド/アーセナル)
  8. ランダル・コロ・ムアニ(フランス/フランクフルト)
  9. ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
  10. ベルナルド・シウヴァ(ポルトガル/マンチェスター・シティ)
  11. フヴィチャ・クヴァラツヘリア(ジョージア/ナポリ)
  12. エミリアーノ・マルティネス(アルゼンチン/アストン・ヴィラ)
  13. ルーベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ)
  14. ニコロー・バレッラ(イタリア/インテル)
  15. アーリング・ハーランド(ノルウェー/マンチェスター・シティ)
  16. マルティン・ウーデゴール(ノルウェー/アーセナル)
  17. イルカイ・ギュンドアン(ドイツ/バルセロナ)
  18. ヤシン・ブヌ(モロッコ/アル・ヒラル)
  19. フリアン・アルバレス(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
  20. ヴィニシウス・ジュニオール(ブラジル/レアル・マドリー)
  21. ロドリ(スペイン/マンチェスター・シティ)
  22. アントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
  23. リオネル・メッシ(アルゼンチン/インテル・マイアミ)
  24. ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル)
  25. ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バルセロナ)
  26. キム・ミンジェ(韓国/バイエルン・ミュンヘン)
  27. ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)
  28. ハリー・ケイン(イングランド/バイエルン・ミュンヘン)
  29. ヴィクター・オシメーン(ナイジェリア/ナポリ)
  30. キリアン・エムバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)

【関連記事】サウジアラビアが「最も高い移籍金を支払った選手」トップ10

なお、クリスティアーノ・ロナウドが候補からも外れたのは2003年以来20年ぶりのことだという。ちなみにロナウドはその中で5回バロンドールを受賞している。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら