ポルティモネンセでの活躍により、日本代表に復帰したGK中村航輔。

『A Bola』によれば、リヨンに続き、フェネルバフチェも獲得に関心を示しているという。

トルコの名門である同クラブは昨季のトルコ1部リーグで2位となり、来季はUEFAカンファレンスリーグに予選から出場する。

ただ、ポルティモネンセは2025年までの契約を結んでいる中村に4000万ユーロ(62億円)の契約解除料を設定している。中村はクラブの成功に不可欠な存在と考えられており、安売りするつもりはないようだ。

【関連記事】なぜ?日本代表、森保監督が頑なに招集しなくなった5名の実力者

ポルティモネンセはリヨンが提示した350万ユーロ(5.4億円)のオファーを即座に拒否しており、相当な金額を提示する必要があるとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」