27日にブンデスリーガ最終節が行われ、最終順位が確定した。

ボーフムはホームでのレヴァークーゼン戦に3-0で勝利し、逆転で残留決定。

浅野拓磨は前半19分に先制ゴールをアシストすると、前半34分に価値あるゴールを決めてみせた。

コーナーキックをダイレクトボレーで突き刺す!

浅野の今季3ゴール目などで勝利したボーフムは14位で残留。

【関連記事】ある意味、愛人!?香川真司ら世界の名将が「何度も契約した」愛弟子たち

最終戦で1ゴール1アシストと残留に大貢献した浅野は『whoscored』のレーティングでもチーム2位となる8.21の高評価を得ていた。また、『Bild』の採点でも最高となる1点の評価得を得ている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名