サウジアラビアのアル・ナスルに移籍したクリスティアーノ・ロナウド。来月5日の誕生日で38歳になるが、鍛え抜かれた筋肉美は健在だ。

そうしたなか、体重100キロ超の巨漢選手として活躍した野獣アデバヨ・アキンフェンワの発言が話題になっている。

サッカー選手を引退した彼はレスリングへの転向を検討しているそうで、『Daily Star』のインタビューでこんな話をしていた。

「ロナウドにできないことはあまりない。彼はプロレスの世界でもやっていけるはずさ。

必殺技は“Suuii(ゴールセレブレーションでやるポーズ)”。ジャンプして、相手を平手打ちする。

俺に彼がやれるかって?自分とロナウドがプロレスするなら、彼はヒールだろうから、俺が彼を倒す。

彼がSuuiiをやってきたら、ビーストスラムをしなければいけないな。観客のエネルギーも必要だね。

大変だろうけど…いや、そんなことはない。彼をやっつけるよ」

ロナウドならレスラーとしてもやっていけると見ているようだ。

【関連】タトゥーを彫っていない世界最強のスター選手11人(2023年版)

そのうえで、ヒール役のレスラーにうってつけな選手としては、ジエゴ・コスタ、ミカイル・アントニオ、トロイ・ディーニー、カゼミロの名前を挙げていた。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら