ドイツ各地でブンデスリーガが再開され、ドルトムントはアウクスブルクとの壮絶な打ち合いを4-3で制した。

この試合では精巣腫瘍で離脱していたドルトムントFWセバスティアン・アレルが復帰。

ついに新天地での初出場を果たすと、ホームのサポーターから拍手喝さいを浴びた。後半17分に途中投入されたシーンがこちら。

まさに大歓迎!

【関連】宮市亮、待ってるぜ!「靭帯断裂の大ケガから復活した」スター10名

アレルも感激していたようだ。試合後に「信じられないような忘れがたい歓迎だった。ピッチ上で最初の一歩を踏み出せたことは嬉しい。この瞬間をチーム全体として受け止めてくれればいいね。自分は戻ってきたし、このチームでプレーできる。でも、完全なフィットネスに戻るにはまだやることがたくさんあるよ」と話していた。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名