ワールドカップ後の中断期間がついに終わったブンデスリーガ。

ドルトムントは22日のアウクスブルク戦が再開初戦になる。

注目は、今季の新加入FWセバスティアン・アレルだ。

28歳の彼はアーリング・ハーランドの後釜として期待されていたが、精巣腫瘍が見つかり離脱を余儀なくされた。

2度の手術に4度の化学療法で病を乗り越えた彼は今季初めてピッチに立つかもしれない。

そのアレルが履く予定のスパイクが話題になっている。Puma製のスパイクに「FUCK CANCER」という文字が刻まれていたのだ。

強い気持ちで復帰戦に挑むようだ。

【関連】日本人を「表記ブレ」で悩ませるサッカー界10名の超スター

なお、彼はコートジボワール代表だが、生まれはフランス。Hallerという名前の発音は「アレル」であり、本人もこう発音している。

「アレ(ル)」だ。なぜか日本では「ハラー」という謎の表記もされているが、しっかり直して欲しいところ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名