14日に行われたFIFAワールドカップ・カタール2022の準決勝で、クロアチアを相手に勝利を収めたアルゼンチン。

前半34分にリオネル・メッシが先制点となるペナルティキックを決め、その後フリアン・アルバレスが2得点を追加し、3-0と快勝した。

その中でも注目されたのはリオネル・メッシのPK。クロアチアの守護神リヴァコヴィッチはPK戦で非常に強さを見せているGKで、今大会は非常に好調だった。

メッシは逆にポーランド戦でPKを失敗していたことから心配されたものの…彼は豪快なシュートでネットを揺らすことに成功している。

なぜ成功できたのか?メッシは『TyC』のインタビューに対して以下のように話していたという。

リオネル・メッシ

「僕はヘロニモ・ルジとディブ(エミリアーノ・マルティネス)とともに、クロアチアのゴールキーパーの技術を学んだよ。

我々が話したのは、リヴァコヴィッチがどれだけ動かずに待っているかという点だ。

最善の方法は、彼が動くのを待ってシュートするよりも、いきなり蹴って驚かせたほうがいいというものだった。

時間をかければかけるほど難しくなっていく。だから僕はあのように蹴ることを決断したんだ」

【写真】「なぜかPKの成功率が低い」7名のスーパーストライカーたち

リヴァコヴィッチは最後まで動かずにコースを見てくるため、むしろ早めに蹴って対応の時間を取らせないようにしたという。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら