ついに開幕を迎えたFIFAワールドカップ。

ただ、開催国カタールを熱く擁護したFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長の発言が物議を醸している。

『A Bola』によれば、同会長は、将来的にW杯を北朝鮮で開催する可能性についても言及したという。

「FIFAはグローバルな組織だ。

我々はサッカー界の人間であり、政治家ではないし、人々をひとつにしたい。

どんな国も開催することができる。もし、北朝鮮が開催したいなら…。

数年前、私は北朝鮮を訪れ、韓国との共催で女子W杯を開催したいかと尋ねた。

それは成功しなかったが、役に立つのなら、100回でもあそこに行く。真の変化をもたらすのは、コミットメントだけだ。

我々はグローバルな組織だ。世界をひとつにする組織であり続けたい」

北朝鮮にその気があるなら、W杯を開催する可能性はあるとのこと。

【関連】日本代表、W杯歴代メンバーを「金髪率」で見比べるとこうなる

同国は1966年と2010年にW杯に出場。2010年大会は3連敗だったが、1966年大会は準々決勝に進出している。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★