16日に行われたフレンドリーマッチで、ドイツ代表はオマーンと対戦。なかなかゴールを奪えずに苦戦したが、79分にフュルクリュクが先制点を決め、1-0と勝利を収めた。

カウンター気味の状態からカイ・ハヴァーツが仕掛け、その短いスルーパスに抜け出したフュルクリュクが左隅に決めている。

ただ内容としてはかなり難しいものになり、『bavarianfootballworks』によればハンシ・フリック監督も守備の問題を指摘していたようだ。

ハンシ・フリック

「前半にいくつか問題があった。オマーンは技術的に強い選手やとても速い選手がいて、信じられないほどうまく攻撃してきた。

ただ、これは親善試合だ。そして日本とのワールドカップ開幕戦への第一歩だった。そして気温にも慣れることができた。

我々の守備には満足していない。ワールドカップでそんなプレーをすることはできないよ。もっとフィジカルが必要だ。

カタールでは違ったタフネスを見せてくれることを期待する。1対1の状況で簡単に明け渡すようなことがあってはならない。

気温に慣れるためにこのタイミングでこの試合を選んだ。まだ1日しかトレーニングしていない。基準はかなり低かったが気にはしていない。

ワールドカップで望んでいたようなデュエルはなかったが、理解は必要だ。選手たちも怪我のリスクを冒したくはなかっただろう」

【写真】ドイツ代表、あのスターまで不在…W杯メンバーに入れなかった大物5名

なお、それでもルーカス・クロスターマンは前半で怪我のために交代となっており、トーマス・ミュラーもまだ出場することができなかったという。

【厳選Qoly】メッシ引退後にアルゼンチン代表の背番号10を継承しうる5人