パリ・サンジェルマンの会長を務めているナースル・アル・ハライフィ氏が、脅迫と監禁で告発されたとのこと。

『Libération』によれば、アル・ハライフィ氏を告発したのはカタールに住んでいるターイブBというフランス系アルジェリア人の起業家だそう。

彼は2020年1月13日にカタールの治安部隊に拘束され、劣悪な環境の中で監禁されていたという。

ターイブBが要求されたのは、カタールがワールドカップを落札した際の汚職に関する書類と、秘密の仕事に関する文書、そしてアル・ハライフィ氏のパリでの私生活に関する証拠物品であったという。

彼は殺害の脅迫を受け、何時間も立たされながら尋問を受けたという。満足の行く返答をしたときだけ座ることが許されたとか。

そしてターイブBがそれらのデジタルフィルムを引き渡してからも9ヶ月ほど監禁された後釈放されたとも。

なお、ある情報筋によれば「ターイブBは情報を使ってアル・ハライフィを脅迫しており、カタール政府がそれを表面化しないように処理しようとした」可能性があるという。

【写真】カタールW杯で着用!日本代表の「adidas新作チームウェア」9選

またアル・ハライフィ氏に近い情報源によれば「ターイブBはアル・ハライフィ氏から数百万ドルを恐喝しようとしていた人物」だとも。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★