2022-23シーズンが開幕を迎えたブンデスリーガ。

フライブルクに移籍した堂安律はアウクスブルクとの開幕戦でいきなりゴールを決めた。後半33分に決まった得点シーンがこちら。

ゴール前のこぼれを巧みなトラップでコントロールすると、相手をブロックしつつ、完璧なシュートを叩き込む!

『Bild』でも、相手GKはノーチャンスだったと堂安のシュートを評価していた。

【関連】日本代表、2022年にピークを迎えていなければならなかった10名

0-4で快勝したフライブルクは第2節でドルトムントと対戦する。