昨シーズンのプレミアリーグで6位に沈んだマンチェスター・ユナイテッド。その戦績はクラブ史上ワーストクラスの惨憺たるものだった。

守護神ダビド・デヘアは『Guardian』のインタビューでこう述べている。

ダビド・デヘア

「大惨事だったので、同じことは許されない。

もっといいプレーをしたいと心から願ってる。

とても大変だったし、恥ずかしくなることもあった。めちゃくちゃな試合もあった。

痛々しかったし、受け入れがたい。這い上がるためには痛みを感じなければいけない時もある」

「彼(エリック・テンハフ監督)はとても強烈。言うこと全てに完全に集中している。

彼は新たな物事、考え方を持ち込んだので、僕らはそれに適応する必要がある。

でも、すでにこの3試合でハイプレッシングとボール奪取を見せることができた。

自分たちでボールを保持し、主導権を握り、ゲームをリードしたい。

(デヘアは足元での組み立てを不安視されているが)

僕の代表戦やサー・アレックス・ファーガソン時代の試合を見れば分かるはずさ。

それを誰かに証明する必要はない。いつも通り、落ち着きを保ち、チームにそれを見せるようにして、後方からプレーをしていく」

大惨事だった昨季の繰り返しは許されないと断言していた。

【関連】テンハーフ監督に「見捨てられる可能性ある」ユナイテッドの7名

ユナイテッドは8月7日のプレミア開幕戦でブライトンと対戦する。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名