マンチェスター・シティに所属しているフランス代表DFバンジャマン・メンディが、新たなレイプ事件に関与した疑いで起訴されたようだ。

『The SUN』によれば、今回新たに発覚したのは一人の女性に対するレイプ未遂、さらに一人の女性に対する性的暴行事件であるとのこと。

これにより、バンジャマン・メンディは7人の女性に対する10件のレイプ及びレイプ未遂、性的暴行事件による訴えを起こされている状態となる。

それらの事件はすべて2018年10月から2021年8月までに発生したものとされており、現場はバンジャマン・メンディの自宅であるとのこと。

5月23日に行われたチェスター裁判所での公聴会では、バンジャマン・メンディはすべての容疑に対して無罪を主張していた。

【写真】グアルディオラの下で「愛されつつ成功できなかった」7名

なお、マンチェスター・シティは裁判が行われている間はバンジャマン・メンディの活動を禁止しており、練習にも参加することはできていない状況にある。