3日に行われたJリーグ第34節、首位を走っていた川崎フロンターレはホームで浦和レッズと対戦。

前半のうちにジェジエウのゴールで先制したものの、試合終了間際に酒井宏樹の同点弾を許し、1-1の引き分けとなった。

【動画】川崎フロンターレに優勝を引き込んだジェジエウの混戦ゴール

しかしながら、同時刻に行われていた2位の横浜F・マリノスがガンバ大阪に敗れたため、勝ち点差の関係で逆転の可能性が消滅。

これにより、川崎フロンターレは4試合を残して史上最速タイでのJリーグ優勝が決定。ホームに集まった多くのサポーターとともに、クラブとしての4回目の国内制覇を喜んだ。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら