35歳になったコロンビア人FWラダメル・ファルカオだが、その得点感覚は衰えていないようだ。

ラ・リーガ第5節ヘタフェ戦でラージョ・バジェカーノでのデビューを果たすと、交代出場から10分で初ゴールをマーク。その得点シーンがこちら。

ボックス内でボールを受けると、ファーへの一撃!一瞬の抜け出しでゴールを奪ってみせた。

DFだった亡き父への敬意から背番号3をつけることになったファルカオ。チームも3-0で勝利しており、最高のデビューとなったようだ。

【動画】同じ背番号3!本田圭佑、W杯で決めた鬼曲がりフリーキック

『Marca』によれば、アンドニ・イラオラ監督も「彼はこのチームを助ける、出来るだけ早く馴染むという姿勢で来てくれた。我々を助けてくれたし、試合を殺すゴールを決めてくれた。取り組みを続ける必要があるが、素質は素晴らしい」と讃えていたそう。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」