今季から新設されたUEFAカンファレンスリーグ。ローマはトラブゾンスポルを2戦合計5-1で下して本戦出場を決めた。

敵地での1stレグは1-2の辛勝だったが、ホームでの2ndレグは3-0の快勝。

3点をリードしていた後半43分、ジョゼ・モウリーニョ監督が相手選手に話しかける場面があった。

タッチライン際にいた相手FWアンソニー・ヌワカエメとローマDFリク・カルスドルプのもとに歩み寄ったモウリーニョ監督。何が言葉をかけられたヌワカエメが笑顔で答えると、モウリーニョ監督も笑顔でその場を後にしていた。

『Sabah Spor』によれば、モウリーニョは「君がいいのか、それとも悪いのか」とヌワカエメに尋ねていたとか。するとヌワカエメはカルスドルプを指差して「彼がいい(プレーをしている)」と笑顔で答えていたそう。

【動画】こんなのある!?モウリーニョ、試合中に相手を笑わせた珍シーン

32歳のナイジェリア人FWヌワカエメは1stレグで12回のドリブル突破を記録するなどローマ守備陣を苦しめた。

それに比べるとこの日は大人しかったようで、モウリーニョはその点を本人に直撃していたようだ。そして、聞かれたヌワカエメは対面のカルスドルプがいいプレーをしていると素直に答えていたとか。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら